TOP > Feature

・震構造型移動可能式ハウス! コンテナハウスのように簡単に設置・移動・撤去ができる。

・使用目的は自由! セカンドハウス、別荘、事務所、店舗、借家、田舎暮らし、住宅…etc

・JIS規格の鋼材を使用した、一級建築士が提案する建築確認対応の耐震重量鉄骨構造。

・外壁や内装を自由にカスタマイズ可能。

・必要な時にだけ設置し、いらなくなれば撤去再販する。循環型社会に対応したリサイクルハウス。

特に都市部などでは土地の広さや形などの関係で、自分が思い描いたような家が建てれない、でもこだわりたい!という方が多くいると思います。
そんな方は恐らくプランが決まっているハウスメーカーでは断られ、工務店や建築士に依頼してもなかなか費用などが合わなかったり、土地の広さや隣地などの関係で、必要な重機が動かせなかったり足場が作れなかったりということで断られ、家づくりを諦めてしまっているという声をよく聞きます。
Movable Houseはむしろ狭小地・都市部での家づくりにこそその特性を発揮します。建物を自社工場で製作するので、最小限の重機などで、足場の組立なども不要、土地を最大限使った住まいを作ることができるのです。また重量鉄骨ですので都市部での耐震面でも安心です。
都市部での施工は、建築車輌などの駐車料金や人件費などが地方の街中での施工と比べてかなり高くなり、その分お客様へのご負担なってしまうので建坪が少しでも坪単価100万円を超えてしまうことは当然のようにあります。
Movable Houseは自社工場で熟練の職人が一貫して施工するので人件費も抑えることができ、ほぼ完成形の状態で建築現場へ移動・設置をしますので、現場での工期も大幅に短縮することができます。また、材料も自社での一括仕入れなどをするので、材料費なども大幅に削減することができます。
都市部でのご依頼でも、重量鉄骨の注文住宅が坪単価80万円程度から施工可能です。
勿論、住まいだけでなく店舗や事務所などにもMovable Houseは適しています。
多くの場合、人の出入りが多く耐震面などを求められるので本来プレハブのようなものではなく重量鉄骨の建物が最適であると考えます。
また、移動・撤去が容易にできるので店舗・事務所の移転などの際にもわざわざ解体することなく、柔軟に対応することができます。
重量鉄骨による強固な構造なので耐震面も安心で、災害に強い建物です。
隣接する住まいの倒壊による二次災害なども強固な作りでしっかりと支えます。その強さを買われ行政からの依頼もあり、地震災害の多い日本で安心して暮らすために必要な強さを兼ね備えています。
一級建築士(専務)の遊びと仕事ブログ
Felive Home 作業日誌
Movable Project